2018年11月7日水曜日

富山湾釣行 ~タチウオジギング~

ホッツフィールドテスターの山田です。


10月20日(土)に富山湾へ行ってきました。


狙いは富山湾でこれから楽しめるタチウオです。


お世話になったのは金剛丸


寒く雨が降り続く中での釣行となりました。




港の夜景を眺めながら2時半に出船です。


30分程、船を走らせ最初のポイントに到着。


船長の指示ダナを意識し広く探るも雨と濁りの影響からか反応はイマイチ。


夜明け頃まで厳しい状況が続きました。


何度かポイントを移動したところでようやくいい反応をキャッチ。


そこからコンスタントにタチウオがヒットし始めました。


今回のタックルでロッドはHOT'S SLOW STYLE 64L


ラインはHOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号


リーダーはMomoi フロロリーダー Hi-Catch NEO 40ポンド





周りを見ると指示ダナ真ん中あたりでの反応が良い様子。


ワンピッチで誘ってからのストップモーションやフォールでバイトが頻発。




冷たい雨に打たれながら沈黙が続いていた船中が活気づきます。




テールへのバイトが多い時はHOTSの太刀魚専用のワイヤーリグが有効的。


太刀魚のショートバイトをフッキングに持ち込み、リーダーブレイクを極限まで抑えます。




グローピンクは、ほんのりと発光してくれます。




バイトをタコベイトのあるリアへ誘導させるのがポイントです。


フレアー効果によるアピールに加え口周りへのフッキング率が上がります。




これによりスレ掛かりやリーダーブレイクを軽減させます。


ラインブレイクやトラブルが軽減することで貴重なジアイに数を伸ばすことができました。


ジャーク後の疾走をおさえ、「ステイ」状況を作りやすいデブタンジグはタチウオにも大変有効です。

この日は120g・150gのアカキングローがアタリ!でした。



今回の釣行で重宝したのはこのHOTSのルアーメッシュバッグ




雨に打たれ移動で潮が被る状況でもメッシュ素材なのでへっちゃらです。


船が揺れても滑りにくいのでどこにでも置いても安心です。


背面にはポケットがあるのでプライヤーを入れておくのに便利。




開口部には錆に強いステンレスの針金が入っており180度開くのが特徴。




形状が安定しているのでジグの出し入れがしやすいです。


強度のあるメッシュ素材に加え側面と底面を一周するベルトでさらに強度UP。


これだけたくさんのメタルジグを入れても持ち運びしやすく便利です。




釣行後は水道水でジャブジャブ洗えるのが最大のポイントです。




釣ったタチウオはいつものお店でいただきました。


お刺身は炙りで。




骨は揚げて骨せんべいに。




定番の塩焼き。




甘辛い味付けの太刀魚巻はフワフワで絶品です。




今回も釣って食べて楽しむことができました。


ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:SALTIGA BJ 200SH
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号
リーダー:Momoi フロロリーダー Hi-Catch NEO 40ポンド
ルアー:デブタンジグ120g、150g



http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2018年11月2日金曜日

輪島釣行 ~秋の根魚ジギング~

ホッツフィールドテスターの山田です。


9月29日(土)に輪島へ行ってきました。




すっかり秋らしくなり明け方は冷え込みますね。


お世話になったのはいつもの船長。




まずは港近くでシーズン真っただ中のアオリイカを狙います。




このエリアはアオリイカのいいポイントなんですよ。


特に今シーズンはかなり魚影が濃く反応も良いとのこと。


ポイントに到着し水深18~25m程度のエリアを広く船を流し探ります。


前日までのウネリが残り釣りにくそうでしたが早々にヒット。




レギュラーサイズのアオリイカです。


そこから立て続けにヒットしどんどん数を伸ばします。




さすがの魚影の濃さを実感しつつアオリイカの猛攻にしばし癒されます。




アオリイカを堪能したので沿岸部のポイントで根魚を狙うことに。


いつもの水深60~70m程度の小さな瀬です。


ベイトの反応を探し愛用しているデブタンジグを投入。


ボトム付近を細かいピッチで誘います。


するとボトムから4~5m誘い上げてフォールさせようとしたところでヒット。


上がってきたのはクロソイでした。




細身のシルエットでフォールが早いデブタンジグ。


スライド幅を抑えつつ水平姿勢が演出しやすくとても操作性の良いジグです。


「ステイ」状況を作りやすく食わせのタイミングが与えやすいのがこのジグのポイント。


青物を狙うのに適したジグですが根魚狙いにも多用するオールラウンダーです。


その後も根魚が次々とヒット。

キジハタ。




マハタも狙い通りGET。




今回も多彩なターゲットを堪能することができました。


釣ったお魚はいつものお店で美味しくいただくことに。


根魚はお刺身で。




新鮮なアオリイカはあえて天ぷらで。




美味しいアラ汁もかかせません。




アオリイカは大漁だったので自分でも調理してみました。







今回も釣って食べて楽しむことができました。


ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:SALTIGA BJ 200SH
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号
リーダー:Momoi ショックリーダー 20ポンド
ルアー:デブタンジグ120g、150g



http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2018年10月15日月曜日

富山湾釣行 ~氷見沖~

ホッツフィールドテスターの山田です。


9月22日(土)に氷見へ行ってきました。




徐々に気温も下がり秋らしくなってきた週末。


悪天候続きの中でつかの間の釣り日和となりました。


まずはシーズン真っただ中のアオリイカを狙うことに。


港の目の前でお手軽に楽しめるのも魅力です。




ただ、風が弱く船が思ったように流れません。


ウエイトが軽めのエギをキャストし広く探ります。


それでもなんとかお土産をGET。




アオリイカを堪能し深場へ移動します。




相変わらず風が弱く船が流れませんが120m程からスタート。


ベイト反応のあるボトム付近を細かいピッチの誘いとフォールで探ります。


150m程のポイントでボトムから5m程誘いあげた後のフォールでヒット。


上がってきたのはカガミダイでした。




水深200m程まで落ちると流すラインを変えボトム丁寧に探ります。


相変わらず船はゆっくりしか流れません。


それでも一気に深くなる地形なので緩やかに水深が変わっていきます。


水深140m超えたところでボトムから2~3mで再びヒット。




先程より重量感のある手応え。


上がってきたのは一回り大きなカガミダイ。




肉厚で肝がパンパンな良型でした。




この後、しばらく探るも根魚とカレイが少々。


ラストはお土産にカマスをGETし終了となりました。


今回はアオリイカ、カガミダイ、カマスを自分で刺し盛りに。




今回も釣って食べて楽しむことができました。


ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:SALTIGA BJ 200SH
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号
リーダー:Momoi ショックリーダー 20ポンド
ルアー:デブタンジグ120g、150g



http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2018年9月25日火曜日

ロングセラーのソルトウォータージグバッグ。ジギングのマストアイテムのストロングポイントを解説!


ホッツのブランドであるAMMONITEジグバッグのデビューは10年以上も前になる。
マイナーチェンジしながら今なお使い易いロングセラーアイテムである。
ショートジグもロングジグも一本一本大切に収納できるのだ。

それにターポリン&メッシュ素材なので下船後に水道水で、
ジャブジャブ洗えるのも魅力である。
とにかくコンパクトにまとめたいアングラーにはジグポーチ300&400をお勧めするが、
けっして安くはないロングジグ等を大切に扱う人にはピッタリである。


メイン素材にはターポリン生地を採用したので汚れを簡単に落とせる。
破れにくいようにエンド部分はしっかり補強。


Lサイズのロングジグ用ポケットは12箇所装備。
約31cmまでのケイタンジグ200gや、ドリフトチューン330gが収納可能。
手にしているのは男ジグ230g。


Lサイズの表面ポケットには全長16cm(ドリフトチューン160g等)までの
ショートジグ用ポケットが5箇所。
手にしているのはケイタンジグSTD125g。


ソルトウォータージグバッグを開きにしてみた。
表面と中面のメッシュポケットのレイアウトがよく分かる。
表面には大小のメッシュポケットが10箇所。
中面には同サイズのメッシュポケットが8箇所ある。


Lサイズの便利な大型メッシュポケットはマチ幅もゆとりがあり、
プライヤー収納にも便利。
アシストフックやリングなどの小物の収納にもピッタリなのだ。


ジグがポケットから飛び出さないようにサイドとポケット中央部にベルクロテープを備えている。
まさに近海の青物ジギングに最適サイズ。

Jig Bag L ¥3,900(税抜)
サイズ:210mm×340mm
カラー:ネイビー・オレンジ






コンパクトなSサイズのソルトウォータージグバッグも同様のターポリン生地を採用。
海水や魚の血等で汚れやすいジギングでは助かる素材である。
コンパクトでもエンド処理はしっかり補強。


Sサイズのジグ用ポケットは全部で15箇所装備。
表面ポケットには22cm(ドリフトチューン280g等)までのロングジグが収納可能。
手にしているのはケイタンジグ150g。


中面のポケットには全長16cm(Y2ジグ150g等)までのジグがスッキリ12本収納できる。
手にしているのはドリフトチューン160g。


表面の反対側にはセパレートされたメッシュポケットが2箇所ある。
プライヤーやリング類にアシストフックなどの小物が収納可能。


Sサイズソルトウォータージグバッグの開き。表面には大型メッシュポケットが1箇所。
中型メッシュポケットが2箇所。中面には同サイズのメッシュポケットが12箇所。
ソルトウォータージグバッグは表面も中面にもハンドルが装着されているので
リバーシブル発想で、どちら側にでもたためるのだ。


Sサイズのメッシュポケットもマチ幅にゆとりがあり小物の収納にもピッタリ。
コンパクトながら抜群の収納力はスロー系ショートジグの収納に最適。
近海のライトジギングに都合の良いサイズなのだ。

Jig Bag S ¥2,900(税抜)
サイズ:165mm×245mm
カラー:ブラック・ネイビー・オレンジ

Author :HOTS product plannning department