2020年9月15日火曜日

輪島釣行 ~アラジギング~

ホッツフィールドテスターの山田です。



友人に誘われアラ狙いで輪島へ。



今回は門前にある"彦左衛門丸"でアラポイントへ。



天候に恵まれ、波風共に穏やかでのんびりした一日となりました。



出港して1時間半程でポイントに到着。



水深は150m前後。



まずは様々なシチュエーションで多用しているデブタンジグ210gを投入。



ジグのフォールも早く、ラインシステムも細いのでストレスなく底が取れます。



狙うはボトムから5~6mが中心。



コンパクトリールなのでワンピッチにフォールを組み合わせゆっくり探ります。



単調な誘いにならないよう、時折、10mくらいまでジグを巻き上げ、位置を少しずつズラします。



魚の食い気はまずまずの様で、序盤からジグへの反応がポツポツ。



しかし、顔を見せてくれるのは本命ではなくカガミダイにタヌキメバルやヤナギメバルなどなど。



1流しで大型のカガミダイが連発する時間帯もありました。



何度も船を流すラインを変え、集中してボトム付近をネチネチと。



すると早いテンポで誘ってからのフォールでヒット。






掛かった瞬間の重量感、幾度となく首を振る引き。



あがってきたのは本命のアラでした。






3㎏程のまずまずのサイズ。









ここからカガミダイやタヌキメバル、ヤナギメバルの合間にアラがポツポツとヒット。








タヌキメバルも嬉しい大型が混じります。





アタリの少ない時間帯もありましたが、終わってみれば本命のアラは5本GET。



美味しい脇役もたくさん。



今回も細いラインシステムと軽めのジグが功を奏したと思います。



操作性が良いとアタリも取りやすく、限られたチャンスも逃しにくくなりますね。



ゆっくりジギングを楽しむことができました。



釣った魚はいつものお店でお刺身に。






アラ、カガミダイ、タヌキメバルの刺し盛りです。



ヤナギメバルは塩焼きで。





美味しい魚ばかり釣れるのもこの釣りの魅力ですね。



来シーズンはサイズアップを目指したいと思います。


ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64M
リール:DAIWA SALTIGA BJ 200SH
ライン:
HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号
リーダー:Momoi 
SHOCK LEADRE 25lb
ルアー:
HOT'S デブタンジグ 210g


ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64H
リール:SHIMANO OCEA CONQUEST LIMITED 400HG
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1.2号
リーダー:Momoi SHOCK LEADRE 30lb
ルアー:
HOT'S デブタンジグ 210g


http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2020年7月2日木曜日

輪島釣行 ~嫁礁・沿岸部~

ホッツフィールドテスターの山田です。



久しぶりに輪島へ行ってきました。



新型コロナウイルスの影響もあり、経済活動が再開し始めたタイミングでの釣行です。



今回は出船時間の関係で早めに自宅を出発し夕方には輪島入り。



買い出しを済ませ、仲間と市内にある大衆割烹"山海"へ。



まずは定番の刺し盛りから。






合わせる地酒は奥能登の白菊"輪島物語"純米。






能登の初夏と言えば海藻。



岩もずくが有名ですが、この時期が旬の"海ぞうめんも"オススメです。






天然フグの水揚げ日本一として輪島が力を入れているマフグの唐揚げ。






地魚と地酒を楽しみながら有意義な時間が過ごせました。



翌朝はいつもより少し早く港へ。



目指すポイントは能登半島先端の沖にある"嫁礁"。



七ツ島と並ぶ青物や根魚の実績が高いポイントですね。



到着する頃には夜が明け辺りは明るくなってました。



朝一は灯台手前のシャローでキャスティング。



水深20~30m程の起伏の激しい岩礁帯が広がる緊張感のいるポイントです。



万全の準備でルアーをキャストし始めると早々に良型のチェイスが。



数匹が飛沫をあげてルアーを取り合う様は何度見ても興奮します。



久しぶりの感覚でしたが落ち着いて誘い続けうまくファーストヒット。



トルクフルな引きと重量感が心地良いです。



船から近い距離だったのでどんどん真下に突っ込むのがラインの角度で見て取れます。



最初の突っ込みに堪え、態勢を整え一気に魚を浮かせます。



しかし、青白い魚体が見え始めたところで痛恨のフックアウト。



良型の手応えだっただけに残念でしたがこういう時もありますね。



船を流すラインを変え、気を取り直してキャスト再開。



しばらくキャストを続けると単発ですが何度かチェイスが。



背びれを出しルアーの真横から突っ込んできた良型がうまくヒット。



ただ、水深が20mを切るスリリングな状況。



先程のフックアウトが頭を過りましたが、態勢を整え魚の走りを真正面から受け止めます。






Tide Lez.711MHは比較的細身ですが操作性が良く力強いロッド。



その復元力で魚を浮かせるパワーがあります。






主導権を握りつつ、1本目なので少し慎重に魚を浮かせます。



上がってきたのは13キロ程の太くコンディションの良い1本。






ブリとヒラマサの混じったハイブリッドと思われる個体でした。



最近、輪島でも見かけることが増えているようです。



その後もキャスティング、ジギングでポツポツ青物や根魚を追加。



しばらくして反応が落ち着いたので後半戦は沿岸部へ。






風が弱く状況は今一つでしたが実績のあるいつものポイントを転々と。



SLOW STYLE 64Lにデブタンジグを組み合わせ底物を狙います。



青物狙いのジギングで多用するデブタンジグ。



ショートジャークでスライド&横向き姿勢を作りやすい操作性の良いジグ。



テンポの速い誘いもネチネチした誘いもOKです。



フリーでのフォールも早いのでドテラ流しの底物狙いで重宝しますね。



まずは定番のキジハタ。






良型のカサゴも。






風がさらに弱くなり、魚の反応も悪くなったのでY2ジグにチェンジ。



フォールスピードは落ちますが、大きくヒラ打ちアピールしやすいジグ。



狭いレンジをピンポイントかつゆっくり誘うのに適してますね。



船が流れにくく、ジグが落ちやすい状況で重宝します。



クロソイ。






マダイ。






マトウダイ。






他にもガンド、レンコダイ、メバルなど多彩な魚が顔を見せてくれました。



状況が悪くても楽しませてくれるのが魚影の濃いこのエリアの魅力。



久しぶりの釣りでしたがゆっくり楽しむことができました。



ゲットした魚はいつものお店でお刺身に。






輪島のサクラ醤油とゴマ油で漬け丼も。






今回もいい魚に出会えて良かったです。



 【タックル】
ロッド:HOT'S GIPANG Tide Lez.711MH
リール:SHIMANO TWIN POWER SW12000HG
ライン:Momoi キャスティング用PE(プロト)6号
リーダー:Momoi SHOCK LEADRE 130lb
ルアー:猛大舞丸21F-MG

ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:SHIMANO OCEA CONQUEST LIMITED 400HG
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1.0号
リーダー:Momoi SHOCK LEADRE 20lb
ルアー:
HOT'S デブタンジグ 120gY2ジグ 120g


http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2019年11月13日水曜日

輪島釣行 ~七ツ島~

ホッツフィールドテスターの山田です。



11月3日(日)に輪島へ行ってきました。



今回、お世話になったのは名舟港の碧海丸です。



だんだんと夜明けの時間が遅くなってきたので6時前に出港。






早朝はかなり冷え込み寒いですね。



目指すポイントは七ツ島です。



でも、その前に港の目の前でアオリイカをチェック。



2流しだけでしたが前日までのウネリと濁りの影響からか反応が悪く2杯だけ。



早々に七ツ島へ向かいます。



ベイトの反応を確認しながら実績のあるポイントを転々としますがこちらも反応が今一つ。







僚船の情報を元に島の西側へ。



ポイントに到着し、船を流し始めると1投目で友人にヒット。



水深が浅めなのでよく走ります。



上がってきたのはブリでした。



そのまま船を流し広く探っていると続けてヒット。






ボトムから20m程上にパラパラ映る青物の反応。



この中層の反応を意識し早いテンポのワンピッチで誘った後のストップモーションで食ってきました。



ラインはSLOW STYLE SSV-X8 1.5号にリーダー25ポンド。



強引なファイトはできませんが、安心して高負荷をかけられるので引きを楽しみながら浮かせます。



上がってきたのは良型のブリ。


ヒットルアーはデブタンジグです。





引きが強くプロポーションの良いブリがゲットでき一安心。



そこからポツポツですが同サイズのブリ、小ブリ、ガンドを追加。


ヒットルアーはY2ジグです。 






終盤には小さいサイズですがヒラマサもゲットできました。


ヒットルアーはデブタンジグです。 






ある程度、青物をゲットしたので根魚狙いでポイント移動。



こちらもポツポツですがマハタ、キジハタ、クロソイ、ガシラ、マトウダイと多彩な顔ぶれが楽しませてくれました。


ヒットルアーはドリフトチューンです。






ラストは再び港の目の前でアオリイカ。



こちらも早朝に引き続き状況は良くなかったですが限られた時間でなんとか6杯GET。






今回は穏やかで日中はポカポカ陽気の釣り日和に恵まれ楽しい釣行となりました。



そろそろアオリイカは終盤戦ですが、ブリ、ヒラマサ、マダイ、サワラはこれから本番です。



シケで出船率がどんどん低くなる季節に突入しますが、大物とのスリリングなファイトを楽しみにまた来たいと思います。



ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64M
リール:SHIMANO OCEA CONQUEST LIMITED 400HG
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1.5号
リーダー:Momoi ナイロンショックリーダー 25ポンド
ルアー:デブタンジグ120g、150
g、180g、Y2ジグ120g、150g、ドリフトチューン130g




http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2019年8月7日水曜日

輪島釣行 ~アラジギング~

ホッツフィールドテスターの山田です。



7月29日(金)に輪島へ行ってきました。



今回、お世話になったのは凪沙丸さんです。



ターゲットは幻の魚とも呼ばれる『アラ』。



なかなか狙って釣れる魚ではないですが、この時期は実績が高く人気のターゲットです。



早朝4時過ぎに出港。



ポイントまでは1時間半程で到着です。



朝から蒸し暑く夏らしい海。



波は穏やかで終日心地良い風が吹いてたのが幸いでした。






水深は140~160m程。



タックルはいつものSLOW STYLE SSS-64LSLOW STYLE SSV-X8 PE1号。



これにデブタンジグ210gを組み合わせてスタートです。



デブタンジグはフォールが早く、スライドも容易で『ステイ』状況が作りやすい操作性の良いジグ。



ワンピッチ、ハーフピッチジャークにロングフォールを組み合わせボトム付近を意識して探ります。



ポイント到着後しばらく探るとボトムから2~3m上でバイトが。



ジャークとジャークの合間のストップモーションを長めに取ったタイミングでした。



上がってきたのは1㎏ちょいの小アラ。






小さいサイズながらもまずは嬉しい1本です。



船内でもポツポツとアラが上がりだします。



再びジグを投入し、ボトムから5~6m誘い上げてからのフォールでヒット。






コンコンと首を振り、心地良い重量感が伝わってきます。



上がってきたのは3キロオーバー。






嬉しい良型サイズです。










その後も1.5キロサイズを追加。










後半には4.5キロの良型も顔を見せてくれました。






いくら高確率で狙えるとはいえやはり幻の魚。



諦めず誘ってわずかなコンタクトをモノにするのが数を伸ばすポイントですね。



アラポイントでは沖メバル、ウッカリカサゴ、タヌキメバルなどの根魚も豊富です。






色んな魚が顔を見せてくれるのでこれはこれで面白いです。






どれも美味しい魚ばかりですね。



残念ながら大型サイズはでませんでしたが夏の輪島を満喫することができました。



ゲットしたアラは1週間程寝かせお刺身に。






食感も良く脂が馴染んで美味しいです。



釣って良し、食べて良しのアラは挑戦する価値のあるターゲットですね。



ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:DAIWA SALTIGA BJ 200SH
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1号
リーダー:Momoi ナイロンショックリーダー 25ポンド
ルアー:デブタンジグ210g





http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA

2019年7月17日水曜日

輪島釣行 ~七ツ島~

ホッツフィールドテスターの山田です。



6月9日(日)に輪島へ行ってきました。



直前にブリのいい群が入り、10キロサイズが連発したとの情報もあり気合いが入ります。



前日までのシケの影響でウネリが残る中での出船。



目指すは七ツ島です。






しかし、お目当てのポイントには漁師の網が入り、別のエリアで反応を探すことに。



ベイトの反応も青物の反応も少ないので、実績のある瀬の際を中心に船を流します。



しばらく船を流しながら探るとポツポツと出る反応に合わせるように単発ヒット。



上がってくるのはガンドサイズばかりです。



状況を打破すべくポイントを転々とする中で待望のヒット。



スロースタイル64Lが絞り込まれます。






ボトム付近のベイト反応を意識し、デブタンジグをじっくり見せてからの早いワンピッチ。



上がってきたのは4キロ程のヒラマサ。






小ぶりなサイズですが厳しい状況でGETした嬉しい1本です。



その後も広範囲を探るもガンドやフクラギサイズがポツポツ程度。






そこでポイントを大きく移動し、沿岸部寄りにある定番の瀬へ。



早朝に通過する際に鳥が多く、ベイト反応もそれなりに確認できます。



中層に映る反応を意識し、緩急をつけたジャークからのフォールでヒット。



重量感のある手応えを楽しみながら上がってきたのはブリ。






なんとかいいサイズをゲットすることができました。



他にはいつもの多彩な根魚が楽しませてくれました。



厳しい時間帯も多かったですが、満喫することができました。

ロッド:HOT'S SLOW STYLE 64L
リール:DAIWA SALTIGA BJ 200SH
ライン:HOT'S SLOW STYLE SSV-X8 PE1.2号
リーダー:Momoi ナイロンショックリーダー 30ポンド
ルアー:デブタンジグ120g、150g、Y2ジグ120g、150g、他



ロッド:HOT'S Fangeen 60L
リール:DAIWA SALTIGA 4500H
ライン:Momoi PEライン2号
リーダー:Momoi ナイロンショックリーダー40ポンド
ルアー:デブタンジグ150g、ケイタンジグ150g、ケイタンSTD150g



http://www.hots.co.jp/
Author :HOTS Field Tester YAMADA